おしらせ

COMICHI石巻 視察 11/26

11/26(土)、沿岸地域の中でも独自の復興が進められている石巻中心市街地と
その中にある住商複合施設『COMICHI石巻』を、つなセン会員等総勢23名で視
察してきました。

ishinomaki-1

また、この日は、『COMICHI石巻』の事業コーディネートを務めた合同会社住
まい・まちづくりデザインワークス代表野田明宏氏、シェアハウス運営事業者の
合同会社巻組社長渡邊享子氏にお話を伺いました。

まずは、JR石巻駅前からCOMIHI石巻までまち歩き。古くからの商店街がい
つもあり、震災前は高齢化や人口減少などによりシャッターを閉める商店が
年々
増えている状態でしたが、最近は、地元の若者を中にI・Uターン者によ
り数々
のコミュニティ拠点が生まれています。

ishinomaki-3

児童館や集会スペースをはじめ、NPO法人や企業の事務所兼カフェ、ボランティ
アで訪れる人・転居して来た人のための滞在・宿泊施設やそのワーキン
グ拠点、
貸出も行える無人の図書館とコミュニティ拠点のタイプや形態も多
様です。

ishinomaki-2

新築もありますが、そのほとんどが古い建物を改修しているため、親しみやすい
商店街のスケール感は生かしつつ、再開した商店とコミュニティ拠点ら
による新
しい賑わいの見られるエリアとなっています。

ishinomaki-4

 

本題のCOMICHI石巻は、2015年8月に竣工した石巻の中心市街地内、歴史ある
松川横丁沿道で3.11により全壊判定など被害を受けた4名の権利者により『小規
模な住商複合建物の建築』、『地域を巻き込んだマネジメントスキームの構築』
を行った共同再建プロジェクトです。

1階にはテナントを設け募集により飲食店が3軒入っており、2~3階には従前居住
者用住居2戸と権利者による賃貸住戸である最大7名までのシェアハウ『COMICHI
の家』があります。

ishinomaki-7

シェアハウスのターゲットを30代にすることで、I・Uターン者の長期滞在を可
能にするだけでなく、周辺住民に多い高齢者世代とのまちなかでの多世代交流の
場にもなりつつあります。また計画実現には2つの重要なプロセスがありました。

1つ目は権利者同士のコミュニケーションと土地利用に対する意識の変化です。
震災をきっかけに権利者同士は助け合う関係性に変化したこと、そして権利者の
「復興後も継続したまちづくりを担ってくれるであろう若者たちに土地の利用を
提供したい」という想いから計画が動き出したのです。

2つ目はまちを巻き込む事業計画にしたことです。事業コーディネートを実施し
た東工大真野研究室(アドバイザー)、LLC巻組(事務局)、LLC SMDW (コ
ンサルタント)と権利者、テナント入居希望者、周辺住民、支援組合とのWSを重
ね、実施したいアクティビティの創出や空間づくりと同時に計画を共同で実施・
維持することのメリットを参加者に理解してもらったことで携わった人たちの意
識にも変化が生まれ、まちに受け入れられる存在になったのだと感じました。

ishinomaki-5

そして持続的に人が集う、動き続ける場をつくるための仕掛けについてです。地
域に開いた場として継続するため、運営組織として合同会社MYラボを立ち上げ、
その社員である出資者は従前事業者だけでなく商店街やまちづくり団体も加わっ
た形態となっています。

またMYラボを1階テナントオーナーとすることで賃貸収入を原資にCOMICHIで
の様々な催しを継続的に開催することが可能となり、催しの発案や計画はリーダー
たちである30~40代より更に若い世代の成長の場にもなっているようです。

これらソフト面の工夫に加え、まちの特徴でもある『路地文化の継承』と『歩い
て楽しめるまち』を意識した設計計画により土地の規模とまちとのスケール感が
一致したことも土地に馴染む要因となっているように感じます。

シェアハウスCOMICHIの家では、権利者だけでは難しい経営管理、運営、情報
発信などを巻組が一括して請負っています。年代が近い者同士といえどやはり他
人同士、入居時には面接を行う他、生活していく中で低下しがちな『住民個人個
人の意識』を巻組が潤滑油となり程よいバランスを保っています。

ishinomaki-6

こうしたシェアハウスは現在石巻で活動するNPO関係者や起業家、クリエーター、
そして地方での賃貸契約が難しい海外留学生を中心に利用されており、今後も石
巻の担い手となる20〜30代のエリアバリューを上げる移住者たちを巻き込むこと
により様々な可能性が生まれることが期待できます。

巻組では女川でも一般貸主が事業者の入れ替わりを想定した賃貸経営の動きがある
他、今後は農家民泊やシェアハウスの事業展開を行っている居住者のための応援ツ
アーなどを企画予定しているとのことです。

とにかく、この日のCOMICHI石巻の視察とレクチャからうけた示唆や収穫はとて
も大きなものでした。

つなセンでも、地方コミュニティのこれからの在り方に考えていきながら、空き家
などを活用したシェアハウスや共同建て替えなどのプロジェクト実施について検討
していければと思っています。

副代表 新井の寄稿文が「建築雑誌」に掲載されました。

あすと長町仮設住宅から復興公営住宅への取り組みについて、副代表 新井
まとめた寄稿文(復興からはじまった「つながりデザイン」)が、
「建築雑誌 2016.12号」(日本建築学会)に掲載されました。

この寄稿文はwebで公開になっておりますので、ぜひ一度、お読みいただけ
たら幸いです。「つなセン」誕生までの経緯がわかります。

復興からはじまった「つながりデザイン」(建築雑誌 2016.12号)

なお、それ以前の取り組みについては、同雑誌2013.2号、2014.8号に掲載
されています。

復興のその先に向けたコミュニティ・デザイン─ あすと長町仮設住宅での取組み(建築雑誌 2013.2号)


続・復興のその先に向けたコミュニティ・デザイン ─ あすと長町仮設住宅での取組み(建築雑誌 2014.8号)

12月18日(日)「あすと食堂」ちゃんこ鍋!11:30-13:00


%e3%81%82%e3%81%99%e3%81%a8%e9%a3%9f%e5%a0%82%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7-161218

あすと長町第一復興公営住宅にて2回目の「あすと食堂」を開催することに
なりました。

この日のメニューは「ちゃんこ鍋」(参加費300円)。

今回店長として料理当番をして下さるのは、あすと長町市営住宅にお住まい
の菱沼寛さんです。

なんと菱沼さんは元力士!本格的なちゃんこ鍋を食べられるチャンスです^^

寒さが厳しくなってきました、ぜひあつあつのお鍋を食べにいらしてください。

お料理のお手伝いも絶賛募集中ですので、食べるほうでも、つくるほうでも、
どちらでも、お気軽にご参加下さい。

12月13日(火)「あすと第三食堂」オープン !11:30-13:00

%e3%81%82%e3%81%99%e3%81%a8%e7%ac%ac%e4%b8%89%e9%a3%9f%e5%a0%82%e3%83%bc%ef%bc%91

今回は、あすと長町第三復興公営住宅にて「あすと食堂」を開催することに
なりました。

なので『あすと第三食堂』ということで開店します(参加費300円)!

この日のメニューは「カレーライス」。

料理当番は、つなセン会員で、グループひまわりの代表として、あすと長町
仮設住宅などでお茶会や学習会などを開催してきた宮内仁子さんです。

お料理のお手伝いも絶賛募集中ですので、食べるほうでも、つくるほうでも、
どちらでも、お気軽にご参加下さい。

食事から心をつなぐ「あすと食堂」

11月19日、はじめての「あすと食堂」をあすと長町復興公営住宅に開催しました。
この日のメニューはハンバーグ定食。スープとバナナケーキが付いて300円。
料理当番は、つなセン会員で、高齢者配食サービス「ほっと亭」代表の寺島知子さん
が担当しました。650kcalでタンパク質30g(低カロリー高タンパク)の体に優しくて、
おいしいランチをつくってくれました。

1119-1

11時半の開店前から、公営住宅の居住者の方々がやってきて、料理とともに会話を
楽しんでいる様子でした。来店してくれた多くはご高齢の方々で、どの方も「若い
人がいるとやっぱりいいね」と話してくれました。また知的障害のある娘さんが
「めずらしく行きたいって言うので来てみた」という親子もいました。

1119-2

この日はあいにくの雨模様にも関わらず、公営住宅の居住者を中心に来店いただき、
つなセンスタッフ、お手伝い(公営住宅居住者、東北工業大・東北学院大・宮城
大の学生)を含め37食が出るという盛況ぶりでした。

1119-3

また、文化の日に開催した「まち歩きイベント」の様子を写した写真展示も開催し、
秋の思い出を振り返りに来る人もいました。

1119-7

あすと食堂」の記念すべき初回としては、上々の船出となったと感じています。
まだまだ改善点はありますので、次回以降に活かしていきたいと思います。

なお、今後の「あすと食堂」は、12/13(火)第三復興公営住宅、12/17(土) 第一復興
公営住宅、ともに11:30〜13:00開店予定です。詳しくは新ためて、facebookやホー
ムページでご案内いたします。

どなたでもご利用になれますので、お気軽にご来店下さい。

 

熊本県益城町・テクノ仮設住宅の「みんなで秋祭り」に参加!

みなさん、こんにちは。副代表の新井です。
8月以来2度目の訪問となりましたが、11/19に益城町・テクノ仮設住宅の「みんなで秋祭り」に参加してきました。

15036738_945531392245528_125756098689218577_n

この日はあいにくの雨模様でしたが、仮設の集会所(みんなの家)には大勢の老若男女(仮設居住者など)が集い、たくさんの笑顔と歓声で大いに賑わっていました(推定200名以上参加)。「しし汁」「焼きそば」「こだわりコーヒー」「木工遊び」などなど、外部支援者らが運営した出店も大好評でした。

15167570_945531495578851_8492337454149258981_o

 

15069032_945532028912131_7243160479234317170_o

「みんなで秋祭り」を主催したのは、テクノ仮設団地にお住まいで、自治運営組織のリーダー吉村静代さんです。彼女は避難所のときから、コミュニティづくりに奔走し、新たに育まれたコミィニティで仮設住宅に入居したという、あすと長町同様、復興コミュニティデザインの先進ケースです。

熊本地震最大517戸のテクノ仮設団地は、地震被害が大きかった益城町中心部から5km以上も離れたところに位置することから、当初はまったく人気がなく、第1、2志望に落選した不運な方々が集まったところでした。(そんなところもあすと長町仮設住宅にそっくりです)

15069103_945533652245302_2445109971879711510_o

7月に入居が始まって、ようやく先週、6つのブロックごとに自治会が発足できたとのこと。ただ吉村さんのいるD地区以外は、行政職員らによって自治会長が選ばれたようで、早くも住民から疑問の声もあがっているとのことを取材中の地元マスコミ記者から聞きました。そんななか、テクノ仮設住宅全体の住民代表は、吉村さんに決まったそうです。ちょっとホッとしました。

一方、D地区は、集会所や環境衛生面で管理が必要なところは引き受けながら、居住者同士の関係づくりを優先させる「運営委員会」を立ち上げて、多くの信頼の関係が得られてから自治会に移行させる予定だそうです。また吉村さんは、できれば未来のある若い人に自治会長をやってもらいたいとおっしゃっていました。その代わり、「万全のサポート体制をつくります」とも。

つなセンとのつながりは、8月に飯塚代表と私でテクノ仮設に訪問した際、あすと長町での取り組みを紹介したところ、とても感銘を受けていただいて、それ以来、フェイスブックやスカイプなどで近況報告を相互にしたり、有用と思われる支援者を現地に送り込んだり!?、そうした交流を続けています。

ただ、あすと長町仮設住宅と異なるのは、おそらく復興期間が2年ほどと比較的短くなりそうなところです。そうなるとコミュニティづくりと同時に、次のステップのことも準備を進めていかなければいけません。うかうかしていると、住民の意に沿わない(将来の地域社会のあり方も検討せずに)復興事業がどんどん進められてしまいそうです。

そんなこともあり、東日本大震災の復興の経験(失敗もふくめ)を活かしながら、その先の復興まちづくりへの展開も含めてサポートを続けていきたいと思っています。テクノ仮設住宅の様子は、今後も随時ご報告させていただきます。

15137572_945532238912110_1817739706585100031_o

※当日はKHBさんに取材いただきまして、年末特番あたりで放映されるとか。

11月19日(土)「あすと食堂」開店(11:30-13:30)

%e3%81%82%e3%81%99%e3%81%a8%e9%a3%9f%e5%a0%82

月に1,2回『あすと食堂』を開店することになりました(参加費300円)。
つなセンの会員や復興公営住宅の住民の方々が当番になって、得意料理に腕をふるいます。

この日のメニューは「ハンバーグ定食」。
店長は、つなセン会員で、長町で配食サービス「ほっと亭」を主宰されている寺島知子さんです。

食べたり、つくったりしながら、多世代が交流できる場にしていきたいと思っています。
食べるほう、つくるほう、どちらでも、お気軽にご参加下さい。

※まちあるき写真展も同時開催中です。

益城町・テクノ仮設住宅で開催される「みんなで秋祭り」へ

11/19(土)、つなセンが応援している熊本県益城町のテクノ仮設住宅(516戸)で
「みんなで秋祭り」が開催されます。
当日、つなセンからは副代表の新井信幸が参加します。
(「仮設のトリセツ」著者・岩佐明彦氏も同行)

東北からは少し距離がありますが、ご一緒できそうな方がおられましたら、お声がけください。

当日の模様は、改めてご報告させていただきます。

20161026%e3%80%80%e3%81%bf%e3%82%93%e3%81%aa%e3%81%a6%e3%82%99%e7%a7%8b%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a-%e8%a1%a820161026%e3%80%80%e3%81%bf%e3%82%93%e3%81%aa%e3%81%a6%e3%82%99%e7%a7%8b%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a-%e8%a3%8f

【ご報告】11月3日(祝)〈まちあるき&ごはん〉

161103-2

晴天に恵まれた文化の日、〈まちあるき&ごはん〉を開催し、
復興公営住宅居住者15名、東北学院大、宮城大、東北工大の学生・教員とちびっこ
あわせて30名ほどが参加してくれました。

10時過ぎに復興公営住宅を出発して、紅葉した並木道を30分ほど歩いて
目的地の「地底の森ミュージアム」に到着しました。

161103-4

ここでは、2万年前の氷河期の地層を見学したり、
古代米を土器で炊くイベントに参加したりしました。
その後は、少し遠回りして、ラーメン屋やレストランでお昼をとって、
約50分ほどかけて歩いて復興公営住宅に戻って来ました。

161103-7

この日は、東北学院大坂本研究室の企画で、
「小さい秋みつけた!」をテーマにタブレットを使って写真撮影にも挑戦してもらいましたが、
みなさんかなり積極的に思い思いの「私の秋」を切り取っていました。
復興公営住宅の集会所にもどってから、すぐに写真をプリントアウトして、
コーヒーで一服しながら、一番新しい思い出ばなしに花を咲かさていました*^^*

ご高齢の参加者も多かったのですが、「疲れたけど楽しかった。今日はよく寝れるわ」と
10000を超える万歩計を眺めながら、充実した表情を見せている方もいました。
また撮影したものをつかった写真展をやろうというアイデアも飛び出したりもしました。

といった感じに、「みんなでどこかに行ってご飯食べて帰って来る
というゆるいイベントでしたが、みなさん楽しんでもらえたようでした。

ということで、近いうちに、次の〈まちあるき&ごはん〉を企画したいと思います(^^)/

161103-9