おしらせ

代表理事交代のごあいさつ

このたび、2017年9月19日付で 代表理事 飯塚正広が退任し、
代表理事代行 平泉拓が代表理事に就任することとなりました
ので、ご挨拶申し上げます。
                           
退任のごあいさつ

謹啓 新涼の候 ますますご清祥のこととお慶び申し上げます
平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます
さて 私儀
このたび 理事並びに代表理事 を健康上の理由により退任いた
しましたので謹んでご報告申し上げます

在任中は公私にわたり格別のご厚情を賜り感謝に堪えません
厚く御礼申し上げます

なお 後任には 平泉 拓 が就任いたしましたので 私同様一層の
ご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます

まずは略儀ながら 書中をもちまして御礼かたがたご挨拶申し
上げます

謹白

平成29年9月
飯塚 正広

                           
就任のごあいさつ

謹啓 秋涼の候 ますますご清祥のこととお慶び申し上げます
平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます
さて 私儀
このたび 飯塚 正広 の後任として代表理事に就任いたしました
ここに謹んでご報告申し上げます

誠に微力ではございますが 豊かな地域社会の創造に向けて精励
いたす所存でございますので 今後一層のご指導ご厚情を賜ります
ようお願い申し上げます

まずは略儀ながら書中をもちましてご挨拶申し上げます

謹白

平成29年9月
特定非営利活動法人つながりデザインセンター・あすと長町
代表理事 平泉 拓

三菱重工みやぎ・ふくしまミニファンドに採択されました

地域創造基金さなぶりが事務局を務める「三菱重工みやぎ・ふくしま
ミニファンド」の助成事業に採択されましたので、ご報告します。

活動名は「交流をはぐくむ食事会『あすと食堂』の定着と開催形態の
多様化」です。昨年11月から開始した「あすと食堂」を継続し、
居場所・交流の場としての住民への定着を図るとともに、開催形態の
多様化を試み、新たな参加の輪を広げることを目的としています。

審査委員会でも、これまでの実績と意義が評価され、ぜひ継続を
してほしいという応援の言葉をいただいたそうです(^^)

より多くの方に親しんでもらえる「あすと食堂」を目指して取り組んで
参ります。

HP: http://www.sanaburifund.org/shiensupport/seek_support/mcdf/

20170906HPアップ画像

夏季休業のご案内

誠に勝手ながら、8月11日(金)から18日(金)まで
夏季休業とさせていただきます。
ご不便をおかけしますが、何卒ご了承くださいますよう
お願い申し上げます。

あすと新聞第三号発行しました

あすと新聞第三号を発行いたしました!

今号では、好評を得ている「あすと食堂」の特集をはじめ、
この間の主な活動の様子等について掲載しております。

仙台も先週ついに梅雨入りしましたね。
天候が日によって変わりやすい時季ですので、体調くずされぬよう
ご自愛ください。

〈お詫びと訂正〉
あすと新聞三号の「会員のみなさま」の欄に下記3会員団体の
記載漏れがありました。
ご関係の皆様、読者の皆様に謹んでお詫び申し上げ、ここに訂正いたします。

栗駒建業 さま
みやぎ生活協同組合 さま
宮城大学 森本研究室 さま

20170627あすと新聞第三号

熊本・益城町から大きなスイカが届きました

復興支援でお伺いさせていただいているテクノ仮設住宅の住民リーダー
吉村静代さんより、益城名産の大きなスイカが届きまた〜ヽ(*´∀`)

身がしまってて、めっちゃ重い( ゚д゚)

あすと食堂(6/18)の際に、みなさんとシェアしていただきたいと思います。

吉村さんありがとうございました!

20170614つなセンHP用②

復興コミュニティデザイン・ブックレットが完成しました

仮設住宅から災害公営住宅への継続的なコミュニティ支援の要点を、
「つなセン」とその前身である「あすと長町コミュニティ構築を考える会」で
取り組んできた内容をメインに、簡潔にまとめたブックレット(全12頁)が
完成しました(千部)。

仮設住宅で、あるいは災害公営住宅で、コミュニティ形成や居場所づくりに
悩んだ時に、開いていただければと思っております。

なお、このブックレットは、つなセン会員のみなさまと、復興途中の被災地へ
配布を予定しております。部数が限られているため、幅広く配布するまでには
至りませんが、一般の皆様にもお手にとっていただけるよう、公共の場への
設置も検討したいと思っています。

※このブックレットは、宮城県の助成金(みやぎ地域復興支援助成金)を
活用して制作しました。

18403349_1070620533069946_5181804000164110256_n

熊本地震復興支援助成金に採択されました

赤い羽根共同募金「災害ボランティア・NPO活動サポート募金・九州」
助成事業に申請していた「住民主導の復興住まいまちづくりへの導入部支援
〜東北復興の経験を熊本へ〜」が採択されましたので、ご報告いたします。

昨夏より、主に熊本県益城町テクノ仮設住宅にて、コミュニティ支援や
復興住まいまちづくりのアドバイス、及び住民代表の方々との意見交換等を
行ってきましたが、今後も当面は支援を継続していくことができそうです。

赤い羽根共同募金関係者の皆様、心より感謝申し上げます。
また充実した支援の実施に努めます!

そして、みなさま、応援よろしくお願いします\(^ω^)/

http://www.akaihane.or.jp/kumamoto/decision.html

20170417サポート募金

4月のエフエムはみやぎこうでねいと

毎月第二金曜日あさ9時半より絶賛放送中の「つなセンストーリー」
(エフエムたいはく・FM78.9)。

4月(4/14放送)のゲストは、仙台を中心に障がいのある方々の住まいを
サポートされている「NPO法人みやぎこうでねいと」(つなセン会員)の
理事長・齋藤宏直さんです。

精神に障がいのある方のなかには、自立した生活を送る方が症状が安定する場合が
少なくないのですが、賃貸住宅を借りたくても、入居を断られるケースがほとんど
というのが現状です。

そうしたなか、今から10年以上も前から、こうでねいとが借り受けた物件を
障がいのある方に貸すサブリースで、多くの障がいのある方々を受け入れて
きました。

こうした取り組みは全国的に見ても先進的で、東京や京都にもこうでねいと方式が
普及しつつあります。

そんな齋藤さんの優しい語り口を是非お聴きください。

写真:齋藤宏直さん

20170411つなせん

あすとまち歩き第三弾を開催します:4月11日

 4月11日(火)、「みんなの行きたいところへみんなで調べていってみよう」
企画第三弾として、台原森林公園へ向かいます。

 天候に恵まれたらお花見をして、その後みんなでゆっくりランチを楽しんで
春を満喫できたらと思っております。

 初めての方、またおひとりでのご参加の方もどうぞお気軽にご参加くださいね。
お待ちしております!

◆日時 
4月11日(火)10:00 あすと長町(第一)市営住宅集会室 集合

◆行程
10:15第一市営住宅発→10:30地下鉄長町駅着→10:55旭ヶ丘駅着→
11:00台原森林公園(科学館周辺)→
12:00昼食(日立システムズホール内けやきの杜)→
14:00台原駅発→14:30第一市営住宅着→14:40解散

◆費用
交通費600円、昼食代 1,000円程度(各自でお支払いをお願いします)

なお お申込み、お問い合わせは下記URLよりメッセージを
お送りいただきますようお願いいたします。
http://www.tsuna-cen.com/contact/

あすと新聞第二号発行しました

 おかげさまで、あすと新聞第二号を発行することができました!
 今号の特集では、2月に熊本・益城町のテクノ仮設住宅で開催した
「復興住まいまちづくりワークショップ」の様子を掲載しています。

 なお、あすと新聞は会員の皆様へお届けしているほか、あすと長町地区の
復興公営住宅全戸、イベントへお越しくださった参加者へお配りしています。

 お手元に届く機会がありましたら、ぜひごゆっくりお目通しいただけますと
幸いです^ ^

20170404 つなせん第二号発刊