おしらせ

1/21 (日)玉浦西にて「植栽WS」が開催されました

500本のチューリップ、ビオラ、パンジー、シバザクラ。
春になったら、ここはどんな景色になるのだろう。

SONY DSC

昨年、つなセンのHPで紹介(7/8に掲載)したり、「あすと
新聞4号」の活動報告でも取り上げた岩沼市・玉浦西災害公営
住宅の中庭に生垣や花を植える取り組みは、2016年秋に住民の
方々とこの地区の設計を担当した建築家の手島さんとの意見交
換から始まり、実際に2017年6月11日に植えられたキンメツゲ
の生垣やドウダンツツジは、日々の暮らしに潤いとコミュニケ
ーションを届けてくれました。

180121-04

 
その後の11月、12月と玉浦西地区の西集会所で、再び相野釜・
長谷釜から参加の住民の方々と、設計を担当した建築士の手島
さん、東北工大新井研究室の学生が一緒になって相野釜・長谷
釜地区災害公営住宅の中庭の「緑を育てる」活動の話し合いを
重ねてきました。
地図を広げ植える花を決め、実際に中庭を歩いては変更を加え
てきました。

180121-05

そして、本日、その第一回目の相野釜・長谷釜地区「植栽WS」
が開催されました。

180121-07

 
スコップを手に土を耕していく男性陣とチューリップの球根を
植えていく女性陣。
寒い中での作業になると予想されていましたがスコップで作業
をしていた皆さん、気づくと汗をかき「暑い!!」の声が上が
っていました。

180121-09


その後、造園業を営む長谷釜町内会の菊地会長がユンボで登場し、
シバザクラを植える広いスペースを丁寧にならしていきました。

180121-02

「楽しみだね~。」
作業が一段落すると、誰もが思わずそう言ってニッコリしてしま
うWSでした。

180121-10

その後は昼食会となり、東京から支援で来ている佐藤さんの
“カフェすまいる”が開催されていた西集会所で、用意されたとて
も美味しい豚汁や、いつも美味しい料理を作るおばあちゃんの
差し入れのお漬物や炊き込みご飯、食後のコーヒーに手作りどら
焼きを食べながら、第二回目の開催日の決定と今後の話し合いを
しました。

180121-14

 
外で身体を動かして、
皆で季節の楽しみを作り合い、
一緒にご飯を食べる。

180121-13

どこかあたたかいコミュティ作りをしている相野釜・長谷釜地区
の取り組みをこれからも紹介していきます。

1月8日(月)「あすと食堂」を開催しました(@あすと長町第一市営住宅)

春の七草の名前、みなさんは全部言えますか?
「セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・
スズシロ」、子どもの頃に覚えた方も多いのではないでしょうか?

180108-001

2018年1回目の料理当番は、チームワークが良い佐々木先生
率いる仙台白百合女子大学のみなさん。また、震災後、仮設
住宅の集会所を中心に料理教室を開き、被災された方と一緒に
料理を作り、一緒に食べることを通じて交流の機会を作って
こられている味の素ファンデーションの前原さんか視察に来られ、
仙台白百合女子大学の皆さんと一緒に料理を作ってくださいました。

180108-002

この日のメニューは
栄養満点の“七草粥”
仙台名産のせりがたくさん入った“せり鍋”
甘酸っぱく優しい味のする“りんごきんとん”
でした。

180108-006

七草粥を1月7日に食べる習慣は「人日の節句」の行事で、“無病
息災”“長寿健康”を願い、食べられています。おせち料理に作ら
れるりんごきんとんは、新しい年の金運を願ったといういわれが
あるそうで、新年にぴったりの献立となりました。

180108-003

来られた方からは「だしがよく出ていておいしい~」「身体が
温まるね」とおいしい料理におかわりをする姿もみられ、大好評
でした!

180108-005

また、新年ということもあり、新年の挨拶を交わし、久しぶりの
お話を楽しまれる住民の皆さんの姿もみられ、笑顔とお話の絶え
ないあすと食堂となりました。

180108-007

次回の「あすと食堂」は、
1/20(土)、あすと長町第三市営住宅で11:30~13:30開店です。
メニューはグループひまわりさんによる“ドライカレー”です!!
どなたでもご利用になれますので、お気軽にご来店ください。

 

謹賀新年 2018

あけましておめでとうございます。

つなセンでは、今年も様々な取り組みを通して、「楽しんで集える
人と人とをつなげる居場所づくり”を多くの皆さまと一緒に実施
していくこと」に尽力したいと思っています。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

ご案内になりますが、つなセンの活動の様子や、会員団体の紹介など
を掲載した「あすと新聞」の第5号を発行いたしました。
つなセン会員や復興支援でつながりのある方々、あすと長町地域に
向けて配布しております。
お問い合わせがありましたら、こちらからお願い致します。

 

 

DSC_59893

2018年1月のイベントのご案内

皆さま、お正月はどのように過ごされましたでしょうか。
新年は凧揚げをしている方々を見かけました。
青空に高く上がった凧を見ているとなんだか楽しく
なりますね。

さて、今年もあすと長町では各種様々なイベントが
開催されます。
ぜひイベントチラシをチェックしてみてくださいね^^
皆様のお越しをぜひお待ちしております☆

20180101 あすと長町 1月のイベントカレンダー

2018年1月あすと食堂のご案内

仙台の海岸では初日の出が美しく見えた元旦です。
翌日の夜は雪が降って寒さが増しましたね。
1月も温まるメニューであすと食堂を開催いたします。

今回のメニューは、新年らしく七草がゆとせり鍋、
大鍋で作るカレーが登場します。
温かいコーヒーもご用意していますので
みんなで楽しく話しながらお食事をいただきませんか^^?

みなさまのお越しをお待ちしております♪

***お当番さん、募集中です!***

20180101 1月のあすと食堂チラシ

年末年始の休業のお知らせ

平素より、つながりデザインセンター・あすと長町をご支援
いただきまして誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら、年末年始は下記の通り休業とさせて頂きます
ので、ご案内申し上げます。

【休業期間】

2017年12月29日(金)〜2018年1月3日(水)

なお、休業期間にいただきました問い合わせにつきましては、
1月4日(木)以降に順次、対応いたします。
ご不便をおかけいたしますが、よろしくお願い申し上げます。

2017年は、地域の「楽しみ合いながら、支え合える」関係づくりに
むけて、あすと長町を中心とした「住まいまちづくり」と、被災各地の
「復 興支援」に尽力したいと思い、皆様に支えられながら活動して
きた1年でした。
本年も多くの方に大変お世話になり、誠にありがとうございました。

皆様、どうぞよいお年をお迎えください。

12月23日(土)清水沢東住宅でクリスマス会を開催しました

メリークリスマス!
12月23日、コミュニティ支援で関わらせていただ
いている塩釜市清水沢東住宅集会所にて、住民の方々とともにクリス
マス会を開催しました。
入居から2回目のクリスマス会ということもあり、多くの住民さんが
準備段階から集まり、賑やかな会となりました。

東北工業大学新井研究室の学生5名も参加し、集会所の飾りつけをして
いると、子どもたちが集まってきてくれました。学生たちが作り方を
教えながら、一緒に輪飾りや折り紙を使った飾りを楽しくつくる姿が
みられ、飾りつけをすると、集会所がクリスマスムード一色となりま
した。

開始時間の14時になると、続々と住民さんが集会所に集まり、クリス
マス会がスタート。この日のオープニングは、クラップス利府チアリー
ダーズのちびっ子ダンサーによるチアダンス!クリスマスソングにの
せて、元気いっぱいのパフォーマンスに、会場の盛り上がりは最高潮に。
住民の皆さんも一緒に音楽にあわせて手拍子をしたり、ダンスを踊っ
たりと一体感に包まれたとても楽しいステージでした。

SONY DSC

続いて登場したのは、子どもたちによるピアノの演奏とダンス&マジック。
この日のために一生懸命練習し、披露する子どもたちの姿に、会場からは
大きく温かい拍手が送られました。

171223-0072

また、クリスマス会では並行して東北工業大学新井研究室とともに
お菓子の家づくりを開催。子どもたちからお年寄りまで、幅広い世代の
方が参加して下さり、初めてのお菓子の家づくりに苦戦しながらも、
皆さん楽しみながら、思い思いのお菓子の家をつくられ、「楽しかった!」
「また、作ってみたいな」とうれしいお言葉をいただきました。

171223-0012

171223-005

そして最後にはビンゴ大会も開かれ、一足早いクリスマスプレゼントを
ゲット。最初から最後まで笑顔と会を楽しむ声が溢れるクリスマス会と
なりました。

今後もつなセンでは、清水沢東住宅の皆さんが交流を深められるような
イベントを住民の皆さんとともに開催していきたいと思います。
ご参加くださった皆さん、ありがとうございました!

東北工大新井研究室が都市住宅学会賞業績賞を受賞しました

東北工業大学工学部建築学科新井信幸研究室は、あすと仮設
住宅において、公営住宅への移行を考える会の設置、コミュ
ニティによる住宅団地の計画・デザイン提案への具体的な支援
を行いました。
 
その後、公営住宅への移行後は、集会所の開かれた利用ルール
づくり、運営負担の段階的な外部移行、NPOつながりデザ
インセンターの設立など一連のプロセスへの支援を行って
きまし
た。

その取り組みが「復興コミュニティデザインの先進的な事例」
として評価され、この度、2017年都市住宅学会賞業績賞に認め
られました。

公益社団法人都市住宅学会のHPに掲載されていますので、
ぜひ一度ご覧ください。

http://www.uhs.gr.jp/annai/gsyo/17_gjusyo.html

清水沢東住宅で実施したアンケート調査の内容が河北新報に掲載されました

今年10月に東北工大新井研究室等と共同で実施した災害公営
住宅「清水沢東住宅(塩釜市)」での居住実態調査の結果が
河北新報に掲載されましたので、ご案内いたします。

記事では「アンケート結果を踏まえ、入居者が安心して暮らせ
るよう自治会形成に向けて話し合いたい。外部の支援をうまく
活用することも大事だ」など、つなセン副代表の新井のコメント
などが紹介されています。

下記よりオンラインニュースでも読むことができますので、
ぜひ一度ご覧ください。

《河北新報 ONLINE NEWS》
<災害住宅>自治会「必要」6割だけど…「加入したくない」4割
東北工大、住民アンケート
http://sp.kahoku.co.jp/special/spe1062/20171217_04.html

Date fmにつなセン副代表の新井が出演します

Date fm(エフエム仙台/77.1MHz)の番組Hope for MIYAGIに、
つなセン副代表の新井が出演します。内容は、あすと長町で実践
してきた復興コミュニティデザインの話です。放送は下記のとおり
です。ぜひお聴きください。

::番 組 Hope for MIYAGI http://www.datefm.jp/omoi/
::放送日 12月25日(月)12:00~12:25 O.A