おしらせ

3/23玉浦西-岩沼市-にてお菓子の家づくりワークショップを開催しました

3月23日、集団移転地域の玉浦西(宮城県岩沼市)の西集会所にて、お菓子の家づくりワークショップを開催しました。玉浦西は津波被災に遭った沿岸6集落が融合する形で早期に集団移転が実現したことで、各方面から復興のトップランナーと称賛されてきました。

しかし、地域コミュニティは超高齢化等の影響もあり活力が失われ、地域の担い手も高齢化とともに、世代間の乖離が顕著であることから、次世代への継承が大きな課題となっています。また元の集落間、自力再建と公営住宅の間の関わりは希薄な状態のままです。

そうした中、まずは多世代交流を促しながら、次世代の担い手を醸成していこうと「玉浦西まちづくり住民協議会」と協働で、今回は子どもとそのご家族、また高齢者が一緒に楽しめるイベントとして、お菓子の家づくりワークショップを開催しました。

これまでのイベントでは、子どもたちの参加がかなり消極的だったので集客にかなり不安があったのですが、この日は予想に反して、子どもだけ30名以上、大人も入れると50名以上の参加があり、材料が足りなくなって、急遽、買い出しに行くほどの大盛況でした。

子どもたち、ばっちゃんたちは、それぞれ思い思いに「自分の家」を楽しみながらつくってくれました。そんな光景に、協議会の会長さんや町内会の会長さんも目を細めて喜んでおられました。

玉浦西では、今後も多世代交流を促しながら、外部からの集会所利用を促進していくことで、みんなの居場所づくりを進めていきたいと考えています。ご支援、ご協力のほど、よろしくお願いします!

3/30まちづくりトークイベントに登壇します

3月30日、仙台にて開催されるトークイベント『エコロジカル・デモクラシーとはなにかーまちづくりと生態的多様性をつなぐデザイン』に、つなセン会員の古山周太郎さん(東北工大)が司会で登壇し、つなセン副代表の新井信幸(東北工大)がコメンテーターとして登壇します。復興を進めるうえでも重要と思われる、生態系と市民主導まちづくりを融合させたエコロジカル・デモクラシーという概念(ランドルフ・T・ヘスター提唱)を土肥真人さん(東京工大)が解説し、各地の事例報告などを交えながら復興まちづくりを展望します。ご興味がありましたら、ふるってご参加ください。

エコロジカル・デモクラシーとはなにか
ーまちづくりと生態的多様性をつなぐデザイン

2019 年3 月30 日(土)15:00-17:00
東北工業大学一番町ロビー2F ホール
(宮城県仙台市青葉区一番町1-3-1 TM ビル)

参加費:無料  定員30 名程度

15:00 開会・趣旨説明
15:10 ゲスト基調講演|土肥 真人
   「エコロジカル・デモクラシーとはなにか
    まちづくりと生態的多様性をつなぐデザイン-」
    ー 休憩 ー 
16:10 全体ディスカッション
  「震災復興期のコミュニティにみるエコロジカル・デモクラシー」
  司会|古山周太郎/ 東北工業大学ライフデザイン学部
  コメンテーター|新井信幸/ 東北工業大学工学部建築学科
          MALY Elizabeth/ 東北大学災害科学国際研究所
17:00 閉会

ゲスト・土肥真人
エコロジカル・デモクラシー財団代表理事。東京工業大学
環境・社会理工学院准教授。博士(農学,京都大学)。
1993-94 年カリフォルニア大学バークレー校客員研究員を
務め、ランディー・へスター氏にコミュニティー・デザインを学ぶ。
2016 年、「一般財団法人エコロジカル・デモクラシー財団」
を仲間と共に設立。

お問い合わせ:古山周太郎(Mail:skoyama@xd6.so-net.ne.jp)

■主旨
都市デザインやまちづくりにおいて、自然や生態系といっ
た環境への配慮は今日必須の課題といえる。また、
東北地方においても、大規模な土木工事を中心とした
震災復興への反省や、豊かな自然を活かした今後の
社会のありかたが問われている。
 2018 年4 月にランドスケープ・アーキテクトの世界的
権威であるランドルフ・T・ヘスター氏の原著「 Design
for Ecological Democracy 」の邦訳本が「エコロジ
カル・デモクラシー:まちづくりと生態的多様性をつなぐ
デザイン」として出版された。本書では、人々の心に
触れる都市を創るための都市形態の理論と豊富な事例
が述べられ、示唆に富むエコロジカル・デモクラシーの
デザインについて「 3 つの都市形態 」と「15 のデザ
イン原則 」が整理されている。 本シンポジウムでは翻
訳者であり、「 一般財団法人エコロジカル・デモクラシー
財団 」の代表理事を務める土肥真人氏を迎え、「 エ
コロジカル・デモクラシー 」の考え方やその可能性につ
いて、基調講演と全体ディスカッションを通して考えてみ
たい。

主催:東北工業大学ライフデザイン学部
   安全安心生活デザイン学科・古山研究室
共催 :一般財団法人エコロジカル・デモクラシー財団

シェアハウス菜園ワークショップ~土づくり編~を開催しました

天候も良い本日、今年のシェアハウスの菜園作業をスタートしました!
始めに、土壌改良を行うため、肥料などを混ぜ合わせる作業を行いました。
今回は入居者の方にもご参加いただき、栄養満点な畑にすることができました。

また、現在植えているスナップエンドウに支柱を立て、これから大きく成長するのが楽しみです!

ワークショップ終了後にはご近所の方も交えて、縁台でコーヒーを飲みながら楽しい時間を過ごすことができました!

次回は、3/17(日)10:00~12:00にジャガイモの苗とレタスの種を植える予定です。

土いじりに興味がある方、シェアハウスが気になる方、どなたでもご参加いただけます。是非下記(つなセン事務局)までご連絡ください。お待ちしております!

《日時》 平成31年3月17日(日)10:00~12:00
《場所》 菜園付きシェアハウス長町南
    (仙台市太白区長町南三丁目34番5)
《参加費》無料
《連絡先》080-3205-5177、asuto@tsuna-cen.com (つなセン事務局)

3/7NHK「おはよう日本」で放映予定です

3月7日、つなセンが取り組んでいる災害公営住宅でのコミュニティ形成支援の内容が「NHKおはよう日本」で放映されることになりました。時間は午前7時15分から25分の予定です。

番組では、清水沢東住宅(塩釜市)で取り組んでいる集会所を活用した居場所づくりの取り組みをクローズアップしてくれているようです。せっかくの全国放送なので、朝の慌ただしい時間帯ではありますが、ご覧いただけたら幸いです!

NHK「おはよう日本」HP
http://www4.nhk.or.jp/ohayou/

3/10シェアハウス菜園WS ~土づくり・レタスの苗植え編~開催のお知らせ

仙台も春のような陽気が感じられる季節になりました。
これからまた寒くならなければいいのですが、、笑
いよいよシェアハウスの菜園も来月から始動します!
寒い冬を越して、栄養が不足している畑に肥料を混ぜる土づくりから行います。
ふかふかの畑が出来上がったら、レタスの苗を植える作業を行う予定です。

↓こんな人におすすめ↓
●お子さんに土いじりを経験させたい、、
●マンション住まいで菜園ができない、、
●シェアハウスが気になるけど内見までは行きにくい、、 など

シェアハウスが気になる方も菜園WSにご参加いただければ、シェアハウスの説明や入居者と話す機会が持てるチャンスです!
どなたでもお気軽に参加いただけますので、気になる方は是非つなセン事務局(下記連絡先)までご連絡をお待ちしております♪
《日時》 平成31年3月10日(日)10:00~12:00
《場所》 菜園付きシェアハウス長町南
    (仙台市太白区長町南三丁目34番5)
《参加費》無料
《連絡先》080-3205-5177、asuto@tsuna-cen.com (つなセン事務局)
《主催》特定非営利活動法人 つながりデザインセンター・あすと長町

菜園付きシェアハウス長町南入居者募集中! -宮城県仙台市-

つなセンが運営する「菜園付きシェアハウス長町南」では現在3名の入居者が決定し、既に2名の入居者がシェアハウスでの生活を楽しんでいます。
引っ越しシーズンど真ん中ということもあり、毎週のように内見のご案内をしています!
現在の空き状況は「部屋2」が3/20以降に入居可能、準備中の2階も随時ご案内していく予定ですので、ご関心がある方はお早めに事務局までご連絡ください。
内覧のお申し込みも随時お受けいたします。

本日の写真は3/3のひな祭りが近いということで、シェアハウスの雛人形です。
つなセンの活動をいつもサポートしていただいている方からお借りして、期間限定で飾っています。陶器でできた珍しい雛人形がシェアハウスの雰囲気にとても合っていて素敵です♪

=概要=
《個室》 ※全室禁煙
:1階:
部屋1:
4.5帖+押し入れ 28,000円/月 ※入居済み
部屋2:8.5帖 35,000円/月 ※3月下旬~入居可能
部屋3:6帖+押し入れ 35,000円/月 ※入居者決定
:2階:
【準備中】
部屋4:7帖+書斎3帖 バルコニー付き 42,000円/月
部屋5:6帖+押入 35,000円/月

:全部屋:共益費(水光熱費等)15,000円/月 

共益費には共用部で使用する下記も含まれています。
キッチン調味料(油・塩・胡椒)、仙台市指定ゴミ袋、食器用洗剤、ハンドソープ、灯油、Wi-Fi接続料
◎入居の際にはデポジットとして 2万円をお預かりしています。

《共用室・設備》 ※全室禁煙
リビング・ダイニング・キッチン:約10帖
⚪︎ TV、Wifi、冷蔵庫、電子レンジ、炊飯器、洗濯機、ダイニングセット、ソファセット等完備
⚪︎ 食器類、工具類、菜園用農機具類等も揃っています
その他:ユニットシャワーあり(新設)、駐輪スペースあり(庭の隅)、駐車スペースなし

《アクセス・環境》
仙台市太白区長町南3丁目
地下鉄南北線 長町南駅 徒歩7分・富沢駅 徒歩8分
スーパーやまざわ 徒歩5分  ローソン 徒歩5分
イオンタウン 徒歩6分    スタバ大野田店 徒歩8分

《運営管理》
NPO法人つながりデザインセンター・あすと長町のスタッフが週1回程度巡回するなどして、シェア生活のお手伝いを致します。また居住ルールづくり等の話し合いをサポートします。

《イベント》
⚪︎ 菜園で収穫した野菜を使ってBBQや鍋パーティー等を季節ごとに開催予定
⚪︎ 料理教室、パン・ピザづくり計画中
⚪︎ お庭にDIYでピザ釜の設置を構想中

《協力企業等》
今野不動産 株式会社   有限会社 栗駒建業
島田信弘建築設計事務所  シェアハウスマネージャー高橋彩
masaarch 大林政夫    東北工業大学 新井信幸研究室

=スタッフからのメッセージ=
シェアハウスの広いお庭では、ご入居者相互、およびご近所・地域の方々などとの交流の場として、菜園づくりを行っています。季節ごとに収穫した野菜をシェアしながら、BBQや鍋パーティーなどを開催したいと思っています。野菜づくり、土いじり、交流イベント、まちづくり等にご興味のある方にご入居いただけたら、うれしいです。ご連絡お待ちしてます!

=お問い合わせ(つなセン事務局)=
e-mail:asuto@tsuna-cen.com
tel:080 3205 5177

3/16 つながりデザイン会議 Vol.13~災害公営住宅の集会所を活用した居場所づくり~を開催します

 東日本大震災後に整備された災害公営住宅のほとんどには集会所が併設されました。これら集会所の管理は、住民組織や周辺町内会等に任されることになりましたが、管理運営が負担となり、あまり利用されない、あるいは徐々に利用されなくなっていくという実態があります。一方、集会所は上手に活用できれば、多世代の入居者の居場所とすることができる、貴重な地域資源です。
 今デザイン会議では、集会所の活用を阻む「壁」や、上手に活用していくための方策について話し合います。
ご関心のある皆さまのご参加をお待ちしています。

なお、準備の都合上、ご参加を希望される方は事務局(asuto@tsuna-cen.com)までご連絡ください。
よろしくお願い申し上げます。

———————————————————————–
第13回つながりデザイン会議
~災害公営住宅の集会所を活用した居場所づくり~

日時:平成31(2019)年3月16日(土)午後2時~5時
場所:東北工業大学一番町ロビー2階会議室
   (仙台市青葉区一番町1-3-1TMビル)
 
プログラム:
○趣旨説明
○報告:
1.災害公営住宅の管理の特徴
2.集会所を活用した居場所づくり調査報告
   東北工業大学卒業研究より
3.参加住宅からの報告
   あすと長町第二市営住宅、第三市営住宅、清水沢東住宅
   石巻市新蛇田地区、その他(予定)
4.テーブルトーク
5.まとめ

復興・創生顕彰受賞式典に出席しました

復興・創生顕彰は被災地で新しい東北の創造に向けた活動として、日頃から被災者支援を行っている団体や企業などを顕彰するため実施されています。

この度、つなセンの取り組みを評価していただき、復興・創生顕彰を受賞することができました。
式典では副代表の新井が渡辺復興大臣から表彰状を授与していただき、被災3県(岩手県・福島県・宮城県)の木材が使用された記念品も贈呈いただきました。
その後、受賞者による活動紹介プレゼンが行われ、つなセンのこれまでの活動を多くの方に
お聞きいただくことができました。
また、活動の紹介ができるブースを設け、つなセンを初めて知ったという方にも、被災者支援だけではなく、空き家を活用したシェアハウス事業などの活動を幅広くご紹介できる機会となりました。周辺のブースにはつなセンと同じ想いで被災者支援を行う団体・企業の皆さんが出展され、新しいつながりが生まれたように感じました。

この度は復興・創生顕彰に選定いただき、誠にありがとうござました。
このような賞を受賞できましたのも、多くの皆さんにサポートいただき、被災者支援が継続し行えている成果があってこそだと感じています。
今後も日頃から支えていただいている皆さんと共に、多くの被災者を笑顔にできる取り組みをつなセンとして行っていきたいと思います。

南海放送ラジオ局につなセン事務局長の宮本が出演します

南海放送では「愛媛からつながレター」というコーナーの中で、東北の今を伝える内容を放送されています。2月22日(金)16時35分頃から10分程度、このコーナーにつなセンの宮本が電話での出演をいたします。

内容はつなセンの活動や災害公営住宅の集会所を拠点とした居場所づくりなどをお話しする予定です。

残念ながら愛媛県を中心としたラジオ放送なので、お聞きいただける方が限られてしまいますが、お住まいの方や出張などで愛媛県にいらっしゃる方は是非16時35分頃に出演を聞いていただければ嬉しいです。

南海放送ホームページ https://www.rnb.co.jp/radio/

損保ジャパンの日本興亜福祉財団様よりNPO基盤強化資金助成を贈呈いただきました

2/14に損保ジャパン仙台ビルにてNPO基盤強化資金助成の贈呈式が開催されました。贈呈式前にはつなセンの活動内容を説明させていただき、活動を知っていただける貴重な機会となりました。

今回寄贈いただいた助成金は、今後の認定NPO法人取得に向けた経費として使用させていただきます。

損保ジャパン日本興亜様、この度は数多くの応募の中からつなセンを選定いただき、誠にありがとうございました。大切に使用させていただきます。